進化し続けるミスコン

100年以上の長い歴史を持つミスコンですが、近年大きな変化が見られます。

例えば、2019年に世界的なミスコン5大会において黒人女性が総ナメしました。特にアメリカでは現在でも、ミスコンは白人至上主義者のためのコンテストと揶揄されることがあるので、このニュースは世界に大きな喜びと勇気を与えました。

また、アメリカの代表的なミスコン、ミス・アメリカでは2019 年に水着審査を取りやめ、出場者の体型や外見のみで審査することを止め、内面の美しさを評価していきたいと誓います。ルッキズムの象徴であると批判されることもあるミスコンですが、人々のニーズや美的感覚の変遷に伴い、確実に進化しています。

これからのミスコンはどのようになっていくのか、期待が高まりますね!